会社紹介

オムニテック・ジェイ・エム について

40余年に及ぶ実績の力

東京で40余年の事業歴を誇るオムニテック・ジェイ・エム株式会社は、小規模ながら純技術翻訳案件以外、法律、特許、観光と文芸の文書など、多岐にわたる実績を積んできました。
案件によっては翻訳支援ツールも使いますが、時代変化の「迅速な対応」や、「言語」などに囚われるよりも、先ず「人のことば」に軸足を置くようにして、できるだけ正常な感覚を頼りに、人間翻訳を行います。英語や欧州言語は「当然」できることとして、今後のニーズが高まるアジア言語に力を入れてきました。
日本文化の特質が海外で理解されることこそ私どもの出発点であり変わらぬ基軸です。

オフィスイメージ

私たちの強み

Our advantage

40余年に及ぶ実績の力

各専門分野は枝分かれして行きます。
しかし、人の感性とコンピュータのメモリーに40余年の実績が入ると、当然、全分野の根元に通用する力になります。弊社のスタッフと翻訳チームメンバー、一人一人の経験は最低10年に及びます。

アジア言語や特殊言語の強み

英語をさておき、実感をもった対応が可能な欧州言語はドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語です。
アジア言語についてもリアルタイム対応可能な言語は繁体字、簡体字、ハングル、ビルマ語、ベトナム語、インドネシア語です。英語を含めて12ヶ国語だけです(オムニテック・ジェイ・エムの社内スタッフは以上の言語に通じる教養を備えています。)。

内製化の基軸

翻訳全行程の3分の2は社内で行なっている他、案件により、作業の100%ほど社内でこなせています。
正確できめ細かい顧客対応と早いニュアンス調整が可能になります。

日本文化再現のきめ細かさ

五木寛之著小説の翻訳、日本文化や伝統工芸紹介の多くの訳文を通して、この国の文化と響き合う感性が育ち、知識と同時に多くの再現ツールを開発いたしました。
日本語原文のきめ細かさを別な言語に再現するにあたり、相手言語に同じ語やきめ細かい表現が存在しないことは最大のネックです。

私達は以下のような事業に貢献できる実績と能力を有しています。

  • UNESCO主催の文化財登録プロジェクト
  • 政府など公的機関より発信される情報の翻訳
  • 公式資料の多言語化プロジェクト、国際入札
  • JNTOのインバウンド向け表記の委員会への参加
  • 技能実習生向けの教育資料作成プロジェクト
  • 捜査部調査資料の翻訳、取り調べや公判の通訳
  • 国の正当性を海外に知らしめる事業

翻訳に関することなら
お気軽にご相談ください

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

9:00 ~ 18:00(土・日・祝日定休)

東京

TŌKYŌ03-5730-9666

松山

MATSUYAMA089-989-7435